失敗しないオフィス移転に関する情報

オフィス移転で失敗は許されず、失敗すると取引先やお客さんからの信頼や信用を失うだけでなく、そのオフィスで働く従業員の働き方にも影響を与え、離職などにつながる恐れがあります。そのため、オフィス移転は慎重に行っていくことが大切です。失敗しないオフィス移転を目指すためには、いくつかのポイントがあり、それらを大事にしていくことで失敗するリスクを下げ、確実な移転をすることができます。話し合いや相談、そして、早期に着手し、現在問題となっているセキュリティ対策などをし、品質はもちろんのこと、価格面などにも十分に気を配ったうえで進めていくことが求められます。何より、会社内のオフィス移転に関する意見を十分に取り入れることが大切で、情報などは積極的に取り入れる必要があります。

オフィス移転に時間がかかるからこそ、早めの相談を

オフィス移転にかかる時間は、担当者1人あたり300時間ほどかかると言われています。オフィス移転をどこにするかというのはもちろんのこと、オフィスの内容をどうするか、予算、スケジュールなどを決めていくことになるため、やることも山積しています。だからこそ、早めの相談を業者に持ちかけることが大切です。早期に相談することで、しっかりした打ち合わせ、スケジュールの調整などを行っていくことができるだけでなく、忘れがちな部分をカバーしていくことが可能になります。この際に、移転に関する業務を1つの窓口で行うことができる業者に依頼をすることで、一括的で効率的なオフィス移転ができるようになるため、こうした業者に依頼するというのも失敗しないオフィス移転という観点から見れば重要です。

オフィスレイアウトも早期に決めていく

オフィス移転の相談を早い段階で業者に相談するのと同時並行で、オフィス移転先のレイアウトをどのようにするか、決めていくということも必要です。仕事をしやすさを考えた上で動線をどのように確保するか、応接室など取引先などのスペースをどうするか、優先順位としてどれを1番にするかなどを事前に決めておくことで、それに合致したオフィスの選定をしていくことができます。今働いているオフィスの問題点をオフィス移転の機会に改善していくことが必要であり、移転をした結果、前とそこまで変わらないというのでは意味がなく、失敗と言わざるをえません。経営者側、労働者側、そして、取引先などどの立場にとってもこのオフィス移転は成功だったと言えるものにするには、何事も早めに行動をし、経験豊富な業者に相談することが大切です。

主力商品・サービスはオフィスデザインで、お客様の業績向上に貢献する優れたオフィスデザインを提案するサービスです。 業務効率の改善だけじゃない、リクルート効果や強みを強化します。 リニューアルにも新設にも幅広くお手伝いいたします。 働きやすい環境を作り、過ごしやすいオフィスデザインを提案し、新しいオフィススタイルを提供する企業です。 オフィス移転を検討している企業の方はこちらへ