オフィス移転についての的確なアドバイス

オフィス移転をするにあたり、準備をしていく過程でわかることがたくさん出てきます。今のオフィスの契約がどのようになっていて、原状回復はどこまですればいいのかなど、オフィス移転の準備段階でわかる事実はたくさんあります。解約までの時間が長く、余計に家賃を払うケースや原状回復にお金がかかるケースなどあり、長期的な計画を立ててオフィス移転に臨むことが求められています。他にも気をつけるべきことはいくつもあり、これらを守ることでスムーズなオフィス移転や無駄な費用をカットできたり、お客さんや従業員の混乱などを避けたりすることができるようになります。オフィス移転をただすればいいのではなく、スムーズに、予算もかけずに遂行することが非常に重要となっています。

オフィス選定で守りたい3つの条件

オフィス移転をする際に、新しいオフィスをどこにするかですが、まず確認しておくべきこととして3つ挙げることができます。1つ目は立地です。オフィスで働く社員の通勤時間や取引先が来やすい環境かどうか、そして、働く環境としてベストの場所であるかが問われます。2つ目は、ビルに関してです。空調などの設備面や他のテナントと一緒に利用する共用スペースの問題、平日以外のビルの使用条件などは契約する前に確認しておくことが必要です。最後に賃貸条件です。いずれオフィス移転を再びする場合に移転しやすい条件、原状回復をしなくてもいい、解約予告期間ができるだけ短いなど様々な賃貸条件がある中で、ベストな条件を模索し、それに近いところを探すということもオフィスの選考にあたっては大切です。

新しいオフィスをどう設計するかも大事

オフィス移転をする以上、今まで以上に働きやすい環境にするということは大変重要です。そのため、今のオフィスでは働きやすさ、また、この点を改善すればさらに働きやすい環境になるというものをリストアップし、それらを考慮したうえで新しいオフィスを設計していくということが求められます。什器の購入なども必要になるとともに、今まで使用している什器をどれほど活用するかも予算の兼ね合いで決めていくことになります。気分を一新させたい場合には今までのものをすべて処分し、新しいものに変えてしまうというのも1つの手です。自分たちだけの都合でオフィス移転をするわけにはいかず、お客さんのこと、取引先のことなどを総合的に考えたうえで進めていくということをオフィス移転では真っ先に考えることが大切です。