絶対役立つ最新オフィス移転情報

オフィス移転にもトレンドというものがあり、以前までと比べると、オフィスレイアウトなども様変わりしています。様変わりする要因は働き方が変わってきたことも大いに関係しています。自分の机があることが当たり前で仕事を会社でするのは当然と言われていた時代から、最近ではどこで仕事をするかを事前に決めておかず、その日の気分で決めたり、外で仕事をしに行くというケースも出ています。今まで通りのレイアウトではむしろ無駄となるスペースが増えてしまうことから、そのレイアウトも日々進化を重ねています。働きやすさを考えて、どのレイアウトにするかというのも考えなければならず、単にオフィス移転をするだけでなく、会社における働き方をどうしていくかもこの機会に考える必要があります。

働き方で変化するデスクレイアウト

オフィス移転で考慮すべきなのは、デスクレイアウトです。何を重視するかによって様々な形に変えていかなければなりません。スペース効率を考えるのであれば対面型が一般的です。対面型にすることでコミュニケーションが取りやすく、電話を取り次ぎやすいという点があります。チームを重視する場合には背面型があります。中央でミーティングを行うこともできるため、一丸となって取り組む場合にはおすすめです。最近では、120度型というものが登場しています。これは会社などに在籍している時間が長い職場で多く採用されており、コミュニケーションを確保しつつ、プライバシーを守り、机が広く使えるため、落ち着いた仕事ができます。スペースに余裕がある場合などに用いられるレイアウトとなっています。

最近登場したフリーアドレスとは何か

フリーアドレスは個人の机を設けず、どこでも仕事ができるようにするというものです。これにより、面積を削減する効果があります。また、コミュニケーションを活発にさせるだけでなく、働く人たちの意識を高めあうことができます。どうしても集中して仕事をしたい場合には専用の場所を設けることで差別化を図ることができます。日本でも今まで通りの働き方ではなく、多種多様な働き方が求められるようになっています。そのためにはオフィス移転を機にレイアウトを変えていくことが大切です。レイアウトを変えるだけでなく新たなルール作り、習慣づけといった部分も構築せねばならず、今までのオフィス移転のスケジュールとは別に、働き方、会社の在り方を考えることも最近のオフィス移転では必要となっています。